結婚観

あなたは自分が理想とする結婚観が見えていますか?

婚活がなかなかうまくいかないという方に多い失敗の例は、自分の結婚観がハッキリと見えていないということがあります。

そもそも結婚観とはどのようなものを指すのでしょうか?

結婚観
結婚観とは、「結婚に関していかなる物事に価値を認めるかという個人個人の評価的判断」のことを言います。

例えば、

・結婚後にどんな生活がしたいのか?
・30年後の自分はどのような暮らしをしていたいのか?
・結婚生活でこれだけは絶対に嫌なこと
・結婚生活でこれだけは絶対に叶えたいこと

このようなことの一つ一つが結婚観と言えるのです。


婚活をこれから始める、もしくは既に婚活しているという人に質問です。


あなたは自分の結婚観を語れますか?



具体的な結婚観を語れない方


婚活するにあたっては、自分なりの結婚に対しての希望やNG項目を明確にしておきましょう。

それが全ての基準になります。

その基準がないと、お相手選びで判断基準がフラフラとしてしまい、いつまで経っても相手を決めきれない状態になる危険があります。

しかし、具体的な結婚観がハッキリと言える状態になっても注意が必要です。

結婚観を語る

具体的な結婚観が語れる方


婚活をするにあたって、その結婚観を

しかし注意点が2つあります。

1,結婚観にとらわれ過ぎるのも婚期を遠ざける原因になる

矛盾しているように思われるかもしれませんが、このケースで婚活に失敗している人が意外に多いのです。

自分の結婚観が明確になっているばかりに、その枠からはみ出してしまう人は全てNGとしてしまうのです。

もちろん結婚観を大切にしながらお相手探しをすることは悪いことではありませんが、あまり固執してしまうのもよくありません。

あなたの結婚観を100%満たしてくれる人なんて、この世にはいないと思って下さい。

結婚観の中でも「ここだけは譲れない」「ここだけは絶対に嫌」ということを必須項目にして、それ以外のことはオプション的に考えてみるくらいが適切です。

2,相手の結婚観も大切に尊重しなければ夫婦生活はうまくいかない

自分の結婚観を大切にするのは良いことですが、同時に相手の結婚観も大切にしないといけません。

結婚生活は2人で作り上げていくものですから、お互いの結婚観を尊重しあうことが幸せな日々を過ごすコツです。

お互いの結婚観が相容れない場合もありますが、その場合はお互いに譲り合いながら折り合えるポイントを見つける努力が必要となります。

自分の結婚観ばかりを押し付けていると、相手にストレスが溜まり夫婦ゲンカや離婚の原因になりかねません。

結婚します

婚活を始めるにあたっては、自分の結婚観をしっかりと持って行動するようにしましょう。

そして、結婚したい相手が見つかったら、自分の結婚観と相手の結婚観を照らしあわせて、この人となら協調して結婚生活を過ごせそうかを考えてみて下さい。

そこで少しでも心配事があれば、その都度相手に相談して話し合いをしましょう。

その際に話し合いに面倒臭がるようなら、結婚後もお互いの考えを尊重しあうのは無理かもしれません。

いろいろなやりとりをしながら、この人とだったら結婚生活を過ごしていけどうと思えた人があなたの結婚する相手です。

その見極めのためにも、自分の結婚観は明確にしておきましょう。




当サイトについて

管理人イメージ

私も婚活を始めた時は、自分の結婚観がどんなものか分からないまま婚活をしていました。


自分がどんな結婚をしたいのかが考えがないから、出会う相手によって「これもいいかも?」「こっちもいいかも?」とフラフラすることが多かったのです。


自分の判断基準を持っていないから、どれもよく見えちゃったんですよね。


でも、その後に入会した結婚相談所でカウンセラーに相談して、自分の結婚観というものを考えた時に分かったのです。


今まで出会った男性と結婚シなくて良かった・・・と。


私が考える結婚観を実現できるような男性は1人もいなかったのです。


そのことに気付いていなことを知って、ゾっとしました。


結婚観をハッキリさせてから出会った男性と結婚することで、私の1年半にわたる婚活は終了しました。


結婚後はいろいろあるけれど、お互いのことを尊重しながら少しずつ妥協点を見つけて幸せに暮らしています。


悪い意味での妥協ではなく良い意味での妥協ができているので、良い結婚相手を見つけられたなと思っています。


これからも家族が幸せに暮らしていけるように、良い妥協はしまくっていきたいです♪